詳細設計 (ver 0.1.0)

作り方

ディレクトリ構造は以下の様になるよ。Phalconの標準的な構造だ。 違いはapp/Application.phpだね。Phalconのチュートリアルではpublic/index.phpで行なっていたアプリケーションの初期化やリクエスト処理をクラス化したんだ。

htdocs/
`-- weblocks/
    |-- .htaccess
    |-- app/
    |   |-- Application.php
    |   `-- index/
    |       |-- IndexController.php
    |       `-- index.phtml
    `-- public/
        |-- .htaccess
        `-- index.php

全体の流れは以下の様にするね。

sequence
図1

これで何故app/index/index.phtmlが表示されか疑問だよね。理由を知りたいならPhalconのドキュメントを読んでみて。 ここではPhalconの標準的な設定ではapp/index/IndexController.phpが呼ばれた後にapp/index/index.phtmlが表示されるとだけ覚えてね。

Phalconの標準とは違ってWeblocks特有の設定についてだけ説明するね。

コントローラのパスはapp/<コントローラ名>とするね。 だからコントローラ数だけapp/以下にはフォルダが存在するんだ。

ビューのパスはapp/とするね。 これでコントローラとビューは同じapp/<コントローラ名>内に集める事ができるんだ。 つまりWeblocksに追加したい機能はコントロール単位で行う事になるよ。 1つのサブディレクトにまとめる事で管理がしやすくなるね。